けんこう通信~咳~

コラム けんこう通信~咳~

こんにちは!

10月は運動会やお祭りを行う地域も多く、秋晴れを願うばかりですね。

今週末は勢力の強い台風19号が来るので、対策をしっかりと行って下さいね!

 

さて、今回のけんこう通信は「」についてです。

近頃、季節の変わり目ということもあり、早くも風邪が流行し始めています。

咳が止まらないと辛いですよね。

咳は喉や肺など身体にとって大きな負担となります。

注意が必要なのは長引く咳で、結核肺炎などの病気を疑わなければなりません。

その場合、ドラッグストアなどで咳止めが売っていますが、早めの受診をおすすめします!

そこで今回は急な咳で辛い時に使うツボをご紹介します!

 

・尺沢

肘を曲げると出来る内側のシワの上。

シワの中央から約2本分外側で、かたい腱の外側にあるツボ。

花粉症の症状に効果的です!

また、扁桃の腫れや痛みにもよく使われているツボです。

 

・中府

鎖骨の外側のくぼみから、さらに指1本分下にいったツボ。

呼吸の機能を高めるとして、などの治療によく使われているツボです。

また、慢性的な肩こりにも効果があります!

 

・孔最

肘の内側のシワの外側あたりから、指4本分下のあたりの圧痛部にあるツボ。

喉の痛みに効果がありますが、発汗作用もあります。

熱があるのに汗が出ない時などに刺激すると、発汗を促して熱を下げてくれます。

 

 

いかがでしたか?

今回は自分で押せる、簡単なツボをご紹介しました!

私たちは鍼や灸を使ってツボを刺激し、症状を和らげることに努めています。

何か身体の不調がある時には、是非ご相談ください!

 

 

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

(担当)なる鍼灸治療院 南原 真樹子

 

 

神戸市北区・三田市・丹波篠山市・三木市・西宮市・宝塚市の訪問鍼灸・マッサージは「なる鍼灸治療院」へ