けんこう通信~腎臓編~

コラム

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日から週に一度、健康に関する事や、なる鍼灸治療院からのお知らせなど更新していく予定です。

是非、ご覧ください!

 

~けんこう通信~第一弾は「腎臓の役割」に関して皆様にお話したいと思います。

 

 

とても大切なこと、重要なことを「肝腎かなめ」と表す言葉があります。

腎臓はそれほどに大切な臓器の一つです。

全ての役割をご紹介したいところですが、私が注目した三つの役割をご紹介します。

 

まず一つ目は、身体のゴミを処分してくれる「清掃工場」です。

生活のゴミが出るように、身体の中でもゴミが出ます。

血液や体液の中に溜まった老廃物は腎臓が処理して尿として排出してくれます。

老廃物とは尿素、尿酸、アンモニアなど身体に有害な物質のことです。

腎臓の中では血液の流れを濾過し綺麗にしてくれる働きがあり、この時に身体に必要なものと不必要なものを分けてくれます。

しかし、この濾過機能が弱まると身体の中は老廃物だらけになってしまいます。そうすると尿毒症など危険な病気を引き起こしてしまうのです。

 

次に二つ目は、「水分の調節」です。

私たちの身体の半分以上は水分で占められています。

大人の場合など約60%が水分、お年寄りだと約50~60%が水分で占められています。

赤ちゃんの場合は約80%も水分があります。赤ちゃんの肌がモチモチしているのは水分が多いからなのかもしれませんね

腎臓の機能が低下し、不要な水分が体内に溜まってしまうことでむくみが起きるようです。

むくみに関しては、また後日詳しくお話しさせて頂きますね。

 

三つ目は「ホルモンを作り出す」作用です。

ここでのホルモンは成長や代謝などに関わる物質のことです。

レニン…血圧上昇作用を持つ

キニン…血圧低下作用を持つ

エリスロポエチン…赤血球を作る作用を促す

これらのホルモンを作る腎臓が弱ると、貧血になることや血圧のコントロールに支障が出ます。

 

などなど、腎臓には様々な役割があります。腎臓が弱ってしまうと身体に悪影響を及ぼしてしまうのですね。

さらに腎臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、機能の低下に気付かず悪化するといいます。

 

では、どうやって腎臓の変化に気付けばいいのでしょうか。

それは「尿」です。尿の異常は腎臓の機能が低下しているサインです。

トイレの回数が多い・尿の量が多い、少ない・尿が濁っている・血尿 など、身体は異常があると必ず私たちに知らせてくれています。

 

しかし、サインを待つだけではなく私たちも腎臓を守ってあげなくてはいけません。

 

例えば、ジャンクフードばかりの乱れた食習慣。夜更かし、タバコやお酒の多量摂取などの乱れた生活習慣は腎臓の機能を悪化させてしまいます。

日本食のようなバランスの良い食事、規則正しい生活を心掛けると、腎臓に限らず全ての臓器に良い影響をもたらしてくれるでしょう!

ただし、痛みが出たり体調がおかしいなと思った際には信頼できるお医者さんの指導を受けてくださいね

 

簡単ではありますが腎臓について少しでも知っていただけたらと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

(担当)南原 真樹子